睡眠の質を改善する方法を解説!中途覚醒を防ごう。

睡眠の種類

睡眠には様々な種類があります。主に以下の4つに分類されます。

  1. 深い睡眠(N3)
    睡眠の中で最も深い段階で、体がリラックスし、全ての筋肉が緩んでいる状態です。
  2. 浅い睡眠(N1・N2)
    N3に比べて、体がより軽くリラックスしている段階の睡眠です。
  3. REM睡眠(Rapid Eye Movement)
    目が動くと名前がついている睡眠の段階で、夢を見ることが多く、脳の活動が高い状態です。
  4. 睡眠不足(Insomnia)
    十分な睡眠を取ることができず、睡眠障害を起こすことがある。

睡眠は、これら4つの段階を繰り返しながら行われ、一晩の睡眠時間の中で各段階の時間割合が異なります。

睡眠障害の症状

主な症状には次のようなものがあります。

  1. 不眠症
    睡眠が取れない、睡眠が浅い、朝起きが困難な症状を訴える人がいる。
  2. 過眠症
    過剰な睡眠、寝すぎ、寝ている間も起きてしまう症状を訴える人がいる。
  3. 睡眠時無呼吸症候群
    呼吸が止まってしまうことがあり、睡眠中に起きることが多い。
  4. 多夢症
    夢が複数出現し、不快な夢を見ることが多い。
  5. 睡眠躁鬱症
    睡眠障害が原因でうつ病を引き起こすことがある。
  6. 睡眠パラルシス
    目が覚めているのに、身体が動けない状態になってしまうことがある。

睡眠の質を上げる方法

  1. 定時に寝る・起きる
    毎日同じ時間に寝る・起きることで、体内時計を整え、睡眠の質を上げます。
  2. 適度な運動
    適度な運動は、睡眠の質を改善するために有効です。しかし、運動は夕方にするべきです。
  3. 適度な暗さ・静かさ・温度
    寝室は暗く、静かで、快適な温度に保つことが大切です。
  4. 睡眠用品の整備
    クッションや敷き布団など、身体に合った睡眠用品を使用することが大切です。
  5. 前夜の睡眠環境の整備
    寝る前にスマホやパソコンなどの画面を見ないようにし、リラックスすることで睡眠の質が上がります。
  6. 睡眠障害がある場合は、医師に相談すること。